孫への相続の準備をしています。この場合の精算課税はどのように選べたらいいのでしょうか。

贈与税に関する課税の制度の中には、相続時精算課税と暦年課税の2種類があります。これらの課税は一定条件に当てはまる場合に、相続時精算課税を選ぶことが可能です。これは、贈与を行うときに対象の財産に対する贈与税を納付し、その贈与者が志望した際にその贈与の財産に対する贈与が行われるときの価額と、相続される財産の価額との合計額から計算した相続金額で、もう納付が完了した贈与税と相当の金額を控除することで相続税・贈与税を合わせた納税が出来ることです。
この制度の適用が受けられる対象者は、贈与者の場合は65歳以上である親、受像者の場合は贈与者の法定相続人の資格がある20歳を越える子になります。この年齢の基準は、贈与が行われた年の1月1日時点となります。

この精算課税の選択に限りはございません。選択だけでなく、贈与する財産の金額や種類にも、原則として制限をかけないこととなっています。

このような精算課税を選んだ場合の税額は、以下のようになります。

まず、贈与税額から計算します。贈与の財産の価額の合計から、数年前に割った手使える特別控除額(最高2500万円まで)を控除した後の残額に一律で2割の税率をかけて計算します。
同時に、相続時精算課税を選んだ受像者が、この課税に関わる贈与者以外の人から贈与してもらった財産に関しては、その財産の価額の合計から暦年課税の基礎控除額である10万円を控除して、贈与税の税率で計算されます。

次に相続税額は、この精算課税に関わる贈与者が志望した際に、それまで贈与してもらった額数と遺贈や相続によって獲得した財産価額をあわせた額数から計算した相続税額から、すでに納付を完了した相続時精算課税に関わる贈与税相当の額数を控除して算出することとなります。
このときに、相続税の額数から控除がしきれなかった精算課税の関わる贈与税相当の額数は、相続税申告を行って還付をもらうことになり、相続財産とあわせる贈与財産の科学は、贈与する時の価額となります。

この精算課税を選ぶためには、その受像者が対象贈与が行われる年の次の年の2月1日~3月15日までの期間内に納税地の管轄税務署長宛に「相続時精算課税選択届出書」を受像者の戸籍の謄本などの書類を添えて提出する必要があります。
この課税は、受像者に対して贈与者の母や父ごとに選ぶことが可能ですが、一度選択したらその年以内に贈与者が死亡するまで引き続かれ、暦課税に変えることは不可能です。

孫に相続をしたいんですが、相続の範囲とその法定相続分を教えて下さい。

民法によって以下の通りに決められています。
その範囲は、死亡した人の配偶者はいつも相続人であり、配偶者以外の人は死亡した人の子供→死亡した人の直系尊属→死亡した人の兄弟・姉妹の順番となります。
*死亡した人の子供が相続が発生した時点で死亡している場合は、その子供の直径の卑属である孫な路が相続人になります。両方とも生きている場合は、子供のほうが優先されます。
*直系尊属のなかで、父母も祖父母も両方いる場合は、亡くなった人により近い世代であるかによって順番が決まります。すなわち、この場合でなら父母が優先権を持つことになります。
*兄弟・姉妹がその時点ですでに亡くなっていた場合は、その人の子供が相続人となります。

これらの場合は全部、相続を諦めた場合は相続人ではなくなります。同時に、内縁関係の人は相続人になれません。

その法定で決められた相続分は、相続人が死亡した人とどのような関係であるのかによって異なります。
*相続人が配偶者と子供である場合は、配偶者が2分の1,子供も2分の1となります。
*配偶者と死亡した人の両親が相続人である場合は、配偶者が3分の2,両親が残りの3分の1をもらうことになります。
最後に、配偶者と死亡した人の兄弟や姉妹が相続人である場合は、配偶者は4分の3、兄弟や姉妹は全員が残りの4分の1をもらうことになります。
*子どもや兄弟と姉妹、直径の尊属が各2人以上がいる場合は、均等に分け合うこととなります。

このような民法での定めは、相続人感で遺産の分割の合意が不可能な状況であった場合のものであり、この相続分で分割を行わなくても構いません。